English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. シリア:何万人もの失踪者がいることを忘れてはならない

シリア:何万人もの失踪者がいることを忘れてはならない

2017年9月 8日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:シリア
トピック:地域紛争

悲惨な紛争が続くシリアでは、当局による逮捕や反政府武装グループによる拉致で、数万人の市民が行方不明になっている。シリア人権ネットワークによると、2011年以来、シリア政府に強制失踪させられた人の数は7万5千人に達する。失踪者の大多数は、国が管理する各地の施設のいずれかに拘束されているが、反政府武装グループや自称「イスラム国」に拉致され、行方不明になっている人も2,000人以上はいる。

残された家族は、拘束されている場所や安否の情報を必死の思いで求めてきた。

ある女性の場合、夫と息子が空軍情報局に検問所で拘束され、行方がわからなくなった。当局は、関与を否定しているという。「毎日があまりにも気が重いです。でも、必ず戻ってくると信じて、『解放された』と連絡が届く瞬間を、いつも思い浮かべています」と女性は語っていた。

人権侵害を監視するNGOの職員4人の場合、2013年9月に事務所から反政府武装グループに拉致されて以降、連絡が途絶えている。

シリア紛争の当事者であるシリア政府と反政府武装グループは、拉致した人びとの所在や消息を明らかにすべきだ。

一方、国際社会は、この強制失踪の問題にほとんど関心を示してこなかった。

特に、大きな影響力を持つロシアと米国は、シリア政府と反政府武装グループに圧力をかけ、両当事者が、独立した機関の監視団に拘束場所への訪問を許可し、被拘束者の名前と居場所を公表し、肉親との連絡が取れるようにさせるべきである。

強制失踪に関与した者が加害者責任を問われることは、皆無である。国際社会が、あらゆる機会を利用してこの問題を取り上げなければ、長年にわたる紛争で人びとが受けた傷は癒えず、国内の和解も望めないであろう。

アムネスティ国際ニュース
2017年8月30日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ