1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. イベント報告
  4. 【イベント報告】「アムネスティ映画祭・関西2016」を開催!

人権の「今」がわかるニュース

イベント報告【イベント報告】「アムネスティ映画祭・関西2016」を開催!

映画祭で受付をするボランティア映画祭で受付をするボランティア

5月21、22日の2日間、「アムネスティ映画祭・関西2016」をクレオ大阪中央で開催しました。

「もっといろんな人に、人権について知ってもらいたい!考えてもらいたい!」そんな思いから、アムネスティ日本の関西連絡会が主催し、2日間で述べ479名の方にご参加いただきました。

アンケートでは多くの参加者が「感動した」、「心打たれた」、「圧倒された」など、評価する声がほとんどでした。

映画に関連した講演会を同時開催!

講演する堀江有里さん講演する堀江有里さん

講演する岡真理さん講演する岡真理さん

両日共に映画上映後、お二人の講師に、映画に関連した講演をお願いしました。

21日は「Call Me Kuchu ウガンダで、生きる」の上映後、ECQA(信仰とセクシュアリティを考えるキリスト者の会)代表の堀江有里さんに、ウガンダの反同性愛法の背景にあるグローバルな同性愛嫌悪や宗教についてお話しいただきました。

22日の「我々のものではない世界」の上映後は、京都大学教員の岡真理さんが、難民キャンプでは市民としての権利が与えられず、差別、困難の中で生活をせざるを得ないことや、若者たちが希望を持てない絶望的な状況であることなど、難民キャンプの現状をお話しくださいました。

ボランティアによる「アムネスティ・カフェ」も登場!

上映会場の隣の部屋では、ボランティアによる「アムネスティ・カフェ」を開催し、サンドウィッチ、クッキー、コーヒー、うどんを作り、販売。多くの方が、とても美味しいと喜んでくださいました。

休憩時間はほぼ満員の状態で、参加者同士のみならず、講演者の方との交流の場として、皆さん会話を楽しまれていました。

アムネスティ・カフェの様子アムネスティ・カフェの様子

この映画祭を開催するにあたり、15名のボランティアにより実行委員会が結成され、丸1年をかけて企画から実施(チケットの印刷、上映技師を含む)まで、すべてボランティアの手によって進められました。また、会場のクレオ大阪中央の館長には、「協力」という立場でさまざまなご支援をいただきました。

ご参加くださった皆さま、ボランティアとして映画祭を運営・実行してくださった皆さま、そして、クレオ大阪中央の皆さまに、深く感謝いたします。ありがとうございました。

上映作品 ※[ ]内は参加者数

一日目(5月21日)[183名]

  • Call Me Kuchu ウガンダで、生きる(2012年、米国、ウガンダ)[66名] 
  • アイ・ウェイウェイは謝らない(2012年、米国)[58名]
  • N O ノー(2012年、チリ)[59名]

二日目(5月22日)[296名]

  • 我々のものではない世界(2012年、パレスチナ、アラブ首長国連邦、米国)[112名]
  • 異邦人の河(1975年、日本)[95名]
  • 白バラの祈り̶ ゾフィー・ショル 最後の日々(2005年、ドイツ)[89名]
開催日 2016年5月21(土)、22日(日)
開催場所 クレオ大阪中央
主催 アムネスティ日本 関西連絡会

ヒューマンライツ・サポーターになりませんか?

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)