English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 米国:今こそ、米国の不法な行動に注目

米国:今こそ、米国の不法な行動に注目

2013年8月 8日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:米国
トピック:

ロシアに一時的亡命を認めれたエドワード・スノーデンさん(C) The Guardian via Getty Images
ロシアに一時的亡命を認めれたエドワード・スノーデンさん(C) The Guardian via Getty Images

ロシア政府がエドワード・スノーデンさんに一時的亡命を認めたことで、事態は好転した。これにより、米国政府の監視プログラムの非合法性と無差別に情報を収集するその性格に、各国政府と市民社会の目が向くようになった。

スノーデンさんがロシアに到着してからの5週間にはさまざまなドラマがあったが、今回の本質的な問題が注目されることはなかった。その問題とは、急速に拡大する米国の監視機関が、国内在住の人びとのプライバシーの権利に対する組織的で甚大な侵害を行ってきたことである。

スノーデンさんがなぜロシアに亡命を求めざるを得なかったのか、その理由をよく見極める必要がある。彼が米国政府の行動の全貌を暴くやいなや、政府はパスポートを無効化し、犯罪者に仕立てた。

基本的人権である表現の自由は、政府の非合法的な行為を裏付ける証拠を明らかにする行為を保護している。国際法と合衆国憲法の修正第4条の双方に照らせば、米国政府の行動は違法である。

アムネスティは、スノーデンさんが一時的亡命を与えられた際、これ以上米国に損害を与える情報を公表してはならない、と言われたことを憂慮している。

すべての人は、亡命を求める権利がある。この権利は、社会的関心を呼ぶ情報について話したり暴露したりしない、という約束によって左右されるべきではない。

ロシア当局は、スノーデンさんの権利を尊重すべきである。本人が望めば、国内外を自由に移動できるようにしなければならない。

米国政府は、スノーデンさんの訴追に躍起であり、それが国際法の重大な違反であるという事実に対処するどころか、認めもしない。

米国はスノーデンさんの亡命の求めを受け入れないように各国政府に圧力をかけるという嘆かわしい行動を、今こそ止めるべきである。

アムネスティ国際ニュース
2013年8月1日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ