English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. スーダン:宗教上の理由で死刑判決

スーダン:宗教上の理由で死刑判決

2014年5月24日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:スーダン
トピック:危機にある個人

キリスト教徒の女性が背教で絞首刑を言い渡された。(C)Amnesty International
キリスト教徒の女性が背教で絞首刑を言い渡された。(C)Amnesty International

スーダンの裁判所は5月15日、キリスト教徒の女性に対し、イスラムへの背教で絞首刑、かん通罪でむち打ちの刑を言い渡した。言語道断である。

メリアム・イエーヤ・イブラヒムさんは現在、妊娠8か月目で、1歳8カ月の息子とともに拘置されている。

キリスト教徒とされる男性と結婚したために、かん通罪と背教罪でむち打ちと死刑の判決を受けた。イスラム教に改宗をすれば死刑を免れることになっていたが、拒否していた。

かん通と背教は、犯罪ではない。これらを犯罪とすることは、紛れもなく国際人権法に違反する。

メリアムさんは、信仰と信念に基づく行動で有罪と宣告された良心の囚人である。即時かつ無条件に釈放されなければならない。思想、良心、信仰、信念の自由の権利が及ぶ範囲は広く深い。あらゆる思想、信念、信仰や信条の自由が含まれる。

アムネスティ国際ニュース
2014年5月15日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ