English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. マレーシア:市民グループに対する弾圧を止めよ

マレーシア:市民グループに対する弾圧を止めよ

2016年11月29日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:マレーシア
トピック:

マレーシア政府は、選挙制度改革や汚職反対の市民グループ連合「ベルセ」に対する弾圧を即時にやめ、市民グループが人権を平和的に行使できるようにしなければならない。

大規模な集会の前日、マレーシア警察がベルセの事務所を強制捜査し、マリア・チン・アブドラ代表とマンディープ・シン事務局長を逮捕した。容疑は、「暴動」「民主主義に弊害をもたらす行為」、「騒乱を引き起こす目的での思いつきの挑発」などだった。

警察は、パソコン、携帯電話、書類を押収した。また、他の市民グループの活動家も逮捕した。

これまでも警察は、市民グループなどの人権擁護活動家に対し、露骨で高圧的な手段で弾圧を繰り返してきた。

警察は、今回逮捕した活動家たちを直ちに無条件で釈放すべきだ。活動家たちは皆、人権を守るために平和的に活動をしているにすぎない。

当局による弾圧だけでなく、活動家たちは国とは関係ない者たちからも攻撃を受けている。こうした妨害や脅迫や嫌がらせを受けることなく、表現・集会・結社の自由の権利が行使できるようになるべきだ。

アムネスティ国際ニュース
2016年11月18日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ