【この記事の目次】

人権を守ることが、コロナ危機を乗り切ることにつながる

新型コロナウイルス感染症拡大への各国政府の対応は、数百万人の人権に影響します。

世界が新型コロナウイルスで未曾有の危機にある中、アムネスティは、危機に対する各国の取り組みを注意深く見てきました。まず忘れてはならないのは、非常時だからといって人権を守るための法律がなくなるわけではありません。それどころか、こうした法律は、私たちが共にこの難局を乗り切る上で大きな意味を持つのです。

コロナ危機の中、人権はどのように私たちを守ることができるでしょうか。パンデミックにおける国の義務とは何なのでしょうか。

健康に対する権利

健康に対する権利
ロックダウンされたフィリピン北部の町で検温される少女 © Ezra Acayan/Getty Images

ほとんどの国は、健康に対する権利の保障を義務付ける人権条約に少なくとも一つは加盟しており、病気の予防、治療、抑制に必要なあらゆる措置を講ずる義務があります。現在の感染拡大の中では、予防的ケア、商品、サービスを、誰もが利用できるようにしなければならないのです。

香港は、新型コロナウイルス感染拡大が早くに確認された地域ですが、地元のNGOによれば、低所得者層の7割近くが、マスクや消毒剤など国が推奨する感染予防品を購入する余裕がなかったそうです。国が市民に対し、「これを揃えておいてください」と勧めるのであれば、市民全員がその品物を入手できるようにしておかなければなりません。

情報へのアクセス

情報へのアクセス© Amnesty International

必要な情報を入手できるかは、健康に対する権利の重要な要素ですが、多くの国でこの点が蔑ろにされているのが現状です。

昨年12月、新型コロナウイルスが初めて報告された中国湖北省の武漢市では、呼吸器症状を示す複数の患者がいることに懸念を抱いた医師たちが、注意喚起をしました。しかし、そのすぐ後、警察当局に「デマを流した」として処分が下されてしまいます。

一方で、インドのジャンムー・カシミール州は、これまでもインターネットの利用制限下に置かれてきましたが、新型コロナウイルス感染拡大の中でもその制限が続いています。そのため市民は、感染状況や対処法などの情報を得ることが非常に困難になっています。

誰にでも、ウイルスの脅威やリスク軽減策、進行中の対策などについて知る権利があります。この権利が保障されなければ、公衆衛生の対応が弱体化し、すべての人の健康を危険にさらすことになります。

働く権利・職場での権利

隔離病棟に入る前にお互いを励まし合う中国人医師と看護師
隔離病棟に入る前にお互いを励まし合う中国人医師と看護師 ©Barcroft Media via Getty Images

感染流行の影響で、個人や経済全体に甚大な影響が出始めていますが、雇用が不安定な労働者は、その影響をさらに受けやすくなります。

移住労働者、日雇い労働者、インターネットを通じて単発の仕事をしている人、公式な統計には表れてこない労働者などは、働く権利、職場での権利が脅かされる可能性が高くなります。

政府は、ウイルス感染で働けなくなった人が疾病手当、ヘルスケア、育児休暇などの社会的保障を受けられるようにしなければならなりません。これらの対応は、国が実施している公衆衛生対策に市民の理解を得る上でも欠かせません。

医療従事者は、自身や家族が感染するリスクがある中で、コロナ危機の最前線で闘っています。医療従事者をどう守るかも、国の重要な課題です。感染防止に有効な保護具、情報、研修、心理的・社会的支援などを提供することが必要です。刑務所など多人数と接し、感染リスクが高い職場でも同様です。

住宅・水・衛生の権利

住宅・水・衛生の権利
© Amnesty International

ホームレスや法的権利のない居住地で生活している人にとって、自らを隔離したり人との距離を維持するなどの感染防止対策を取ることは、不可能ではないとしても、非常に難しいことです。

新型コロナウイルス危機で、適切な住宅、水、衛生設備に対する権利の重要性に、あらためて気づかされることになりました。こうした権利は、ウイルスから身を守り、ウイルスのまん延を食い止め、日常を取り戻す上で欠かせません。

政府は少なくとも、路上で暮らす子どもたちやホームレスのために、緊急避難的に自身を隔離して感染から守る宿泊施設を確保すべきです。

また、例えば、家賃やローンを払えずに家を追い出されるなど、住居がないために感染リスクが高くなるような事態への対応策も求められます。

さらに、ホームレスや貧弱な住居に住む人が利用できる、手頃な価格の安全な水や衛生施設を早急に提供しなければなりません。

特定の集団への影響

ギリシャ、レスボス島の難民キャンプでは定員3,000人未満のスペースに22,000人の難民が暮らしている。ギリシャ、レスボス島の難民キャンプでは定員3,000人未満のスペースに22,000人の難民が暮らしている。© Guy Smallman/Getty images

新型コロナウィルスは誰にでも感染するリスクがありますが、高齢者や基礎疾患を持つ人などは、重症化や死亡の危険性が高いといわれています。また、貧困家庭の人、障がい者、移民や庇護希望者を含む拘禁されている人たちなど社会から追いやられた人にも、感染から身を守り、医療を受ける上で、別の壁が立ちはだかる傾向にあります。

新型コロナウイルスへの対策を立案する上で、国は、上に挙げたような特定の集団が置かれている状況と要望を十二分に考慮する必要があります。

差別・偏見

報道によると、武漢市出身者は、中国各地で差別や嫌がらせを受けているといいます。宿泊を拒否されたり、自宅の前に障害物を置かれたり、インターネットで個人情報をさらされたりしています。

分断ではなく、団結の時

米国トランプ大統領が新型コロナウィルスを「中国ウイルス」と繰り返し呼ぶなど、いろいろな国で、中国人はじめアジア各国の人に対する外国人嫌悪が広がっています。ロンドンでは、シンガポールの留学生が人種差別的な扱いを受け、激しい暴行を受けました。いかなる差別も、弁明の余地はありません。すべての国は、人種差別主義的対応を決して許してはならないのです。

一方、トランプ大統領は、ウイルス危機を利用して、人種差別や差別的な政策を正当化しています。メキシコからの庇護希望者の入国を全面的に禁止するとも報じられています。

あからさまな庇護希望者の排除は、米国の国内外の法的義務に反し、安全を求める人びとを悪者扱いするものです。2018年にも同様の禁止令が出されましたが、正当性を争ったすべての裁判で、すみやかに違法判決が下されています。

また、公衆衛生上の危機に際しては、国は、人びとの健康を守る行動を取り、誰もが差別なく医療を受けられるようにし、安全を保障しなければなりません。在留資格の有無とは関係なく、出入国する人に対しても同様です。

国境を越えた連帯と協力なくして、新型コロナウイルスと闘うことはできません。新型コロナウイルスが私たちを団結させることはあっても、分断させてはならないのです。

動画で見る:コロナ危機と人権

今、あなたにできる署名

オンライン:感染爆発は時間の問題!米国の収容施設にいる移民を助けて!

感染爆発は時間の問題!米国の収容施設にいる移民を助けて!

新型コロナウイルスの感染者数も死者数も世界最多となった米国では、感染拡大防止策から取り残されている集団がいます。全米で200カ所以上もある施設に収容されている4万人もの移民・庇護希望者です。アメリカの複数のメディアの報道によると、5月6日にサン・ディエゴの入管施設で新型コロナウイルスによる初の死者が出たことが伝えられています。もはや一刻の猶予もありません。米国政府に対し、施設に収容されている移民・庇護申請者を釈放するよう、求めてください。

参加する

オンライン:ギリシャにいる難民をコロナ危機から守って! © Amnesty International

ギリシャにいる難民をコロナ危機から守って!

新型コロナウイルスの脅威は、過酷な環境で暮らすギリシャの難民にも迫っています。崩れ落ちそうなテントに定員の6倍もの人が暮らし、水やトイレ、シャワーなどの衛生設備は極端に不足。病気になっても満足に治療を受けられません。こんな環境で感染者が出たら......。難民をギリシャ本土の安全な施設に移し、適切な衛生環境と医療が与えられるよう、ギリシャ政府に要請してください。

参加する

関連の最新ニュース

アムネスティは世界中の「良心の囚人」の釈放を求める
アムネスティは、世界各国に対して新型コロナウイルスの大流行で深刻な健康被害にさらされている世界中の「良心の囚人」を即時無条件で釈放するよう求めている。ウイルスが世界を席巻する中、どの刑務所でも集団感染が起こるおそれがあり、収監されている人たちへの保護策が、今ほど強く求められている時はない。(2020.05.26)
ハンガリー:DV防止条約拒否 コロナ危機で被害増加の懸念の中
ハンガリー議会は5月5日、イスタンブール条約(女性に対する暴力およびドメスティック・バイオレンス防止条約)の批准を拒否する布告を採択した。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が始まって以来、家庭内暴力が倍増したといわれている中、この決定は非常に危険だ。(2020.05.20)
ギリシャ:コロナ危機 緊縮財政がもたらした医療崩壊
新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)の中、ギリシャでは長年にわたる不況と緊縮財政政策のあおりを受け、医療制度が破綻寸前に陥っている。多くの市民は、収入減で医療費を払えず、医者にかかることができない状況にある。(2020.05.13)
ジンバブエ:コロナの影響で苦悩する妊産婦
新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)の中、多くの妊産婦が厳しい状況に置かれている。当局は、女性が妊産婦検診、出産待機施設の利用、熟練の産婦人科医らが常に対応できる体制を整備しなければならない。また、産後の医療や支援への配慮も必要である。(2020.05.12)
ベネズエラ:囚人虐殺 当局関係者に法の裁きを
5月1日、ベネズエラ西部ポルトゥゲサ州の州都グアナレのロスジャノス刑務所で、囚人の抗議行動があり、少なくとも46人が死亡し、70人以上が負傷した。刑務所長と刑務官も負傷した模様だ。(2020.05.12)

もっと読む

エチオピア:コロナ危機の中の強制立ち退き 仕事も家も失う住民
エチオピアの首都アジスアベバの当局は過去3週間に、日雇いで働く人びとが住む家屋を、不法占拠を理由に撤去した。新型コロナウィルスが世界的に流行する中で、一方的に住居を取り崩された少なくとも1,000人が、ホームレスになった。(2020.05.11)
東欧と中央アジア:コロナ危機の中、人権尊重を
東欧と中央アジアの諸国は、新型コロナウイルスが世界的に流行する中、市民に抑圧的な対応を取り、その権利を侵害し、本来守るべき人権義務を怠っている。多くの国は、市民の生命を守ることより、反政府派を弾圧することに関心があるようである。ウイルスとの闘いを装って、人権を踏みにじっているように思われる。(2020.05.11)
アマゾンは従業員をコロナの感染から守れ
世界屈指の高収益をあげるアマゾンだが、今回のコロナ危機で、さらに収益を急拡大させている。一方で、従業員は、自分たちの安全が蔑ろにされているという不満を抱いている。感染対策で率直に意見を言っただけで解雇されたという申し立ても数件ある。アマゾンは、従業員が報復を恐れることなく、健康や安全の懸念、リスクを訴えられる環境をつくらなければならない。(2020.05.01)
レバノン:移住家事労働者を感染から守れ
世界でウイルスが猛威を振るう中、レバノンの移住家事労働者はロックダウン(都市封鎖)により、雇用主から人権侵害を受ける危険性がさらに高まっている。レバノンはじめ中東諸国特有の労働契約制度であるカファラ制度は、移住労働者の保証人として雇用主に絶対的権限が与えられるため、過酷な強制労働など労働者搾取と虐待の温床となっている。外出自粛は感染拡大予防につながる一方、カファラ制度下の労働者にとっては、雇い主による虐待やいじめを受ける危険性が高まる。(2020.04.27)
タイ:オンライン政府批判の摘発激化
タイで、政府批判者に対する弾圧が激しさを増し、政府や王制を批判するソーシャルメディア利用者の訴追が、相次いでいる。逮捕された人の多くが裁判待ちで、有罪になれば、最高5年の刑と重い罰金が科せられる。新型コロナウイルス感染拡大で発令された3月の非常事態宣言で、同国の表現の自由は、さらに制限されるようになっている。(2020.04.24)
ロシア:コロナ対応を批判した医者を逮捕
医療労働者組合の代表を勤めるアナスタシア・ヴァシリヴァ医師は、新型コロナウイルスに対応する医療体制に不備があると指摘したために、逮捕された。コロナ危機との闘いの最前線で、健康の権利を擁護する医療プロであるヴァシリヴァさんを逮捕し罪を着せるとは、常軌を逸している。(2020.04.24)
カンボジア:独占映像が示す刑務所の超過密
アムネスティは、カンボジアの囚人が極端な過密状態で一室に詰め込まれている様子を撮ったビデオ映像を入手し、公開した。映像は、最近、とある刑務所で撮られたものだが、撮影日と場所は、情報提供者の保護のため明らかにできない。(2020.04.23)
フィリピン:夜間外出禁止令違反者に屈辱的行為を強要
新型コロナウイルス対策として夜間外出禁止の措置を取るフィリピンで、4月7日、パンパンガ州メキシコで、夜間外出禁止令を破ったとされるLGBTQI+(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クイア、インターセックスなど)の3人が、取り締まりの警官にみだらな行為を強要された。さらに警官の上司はこの様子をビデオに撮り、ソーシャルメディアに投稿した。(2020.04.22)
米国:パンデミックの中、収容されている移民の解放を
トランプ政権は、新型コロナウイルス流行の非常事態にあって、施設に収容されている移民の感染対策に本腰を入れていない。世界最大規模の移民収容施設を持つ米出入国管理機関、移民関税執行局(ICE)は、全国200カ所を超える施設に4万人近くの移民を収容している。全土で感染が広がり始めた1月以降も、移民の収容を停止していない。(2020.04.22)
バングラデシュ:コロナ危機対応 取り残される高齢のロヒンギャ難民
新型コロナウィスルがパンデミック(世界的大流行)となった中、バングラデシュ南東部コックスバザール郊外のロヒンギャ難民キャンプでは、高齢者が人道的対応から置き去りにされる事態が起きている。高齢者は重症化するリスクが高いとされるが、対応から取り残されたロヒンギャの高齢者は、さらに悲惨な結末を迎えるおそれがある。(2020.04.17)
南北アメリカ地域:感染リスクにさらされる移民・難民 収容の停止を
カナダ、米国、メキシコ、キュラソー、トリニダード・トバゴなど、南北アメリカ諸国では、非正規移民や庇護希望者が、在留資格がないというだけで感染リスクが高い収容環境に置かれている。こうした収容は、国際人権規範、公衆衛生規則に違反している。在留資格は、人の尊厳や生きる権利とは無関係だ。(2020.04.16)
新型コロナウイルスと監視 人権への脅威
ウイルスが猛威を振るう中、感染拡大防止対策のために多数の国が、市民の移動状況の把握に携帯電話の位置情報を利用している。こうした対策は、個人情報の収集・利用・共有の面で、深刻な問題をはらんでいる。一度、個人データが収集されてしまうと、その情報は、他の機関や企業などと共有され、健康管理以外の目的で使用される危険性がある。(2020.04.16)
シンガポール:移住労働者2万人を集団感染から守れ
新型コロナウイルスの感染が急拡大するシンガポールで4月6日、政府は、2万人以上が住む2カ所の移住労働者居住地区を封鎖すると発表した。2つの地区では、90人の感染が確認されており、今後14日間、移住労働者は、宿舎内の移動を厳しく制限される。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、多数の労働者が、自己隔離などの予防策を取るすべがなく、感染の脅威にさらされている。(2020.04.10)
中国:新型コロナウイルスを盾に釈放後も自由を奪われる弁護士
国家転覆罪で4年半収監されていた人権派弁護士、王全璋(Wang Quanzhang)さんが、釈放された。しかし、その後、送られた先は、家族がいる北京ではなく、北京から400kmも離れた山東省済南市だった。釈放の前日、家族は当局から、「刑務所に迎えはいらない。刑務所で新型コロナウイルスの集団感染が発生したため、14日間隔離する」と告げられた。(2020.04.09)
米国:ウイルス禍を理由に環境法停止
米国環境保護庁(EPA)は、新型コロナウイルスの大流行を理由に、環境法に基づく規制の執行を無期限に停止すると発表した。トランプ政権はこの危機を巧妙に利用して、環境規制を骨抜きにするという目論見を達成しようとしている。環境汚染のリスクは、どれほど強調してもし過ぎることはない。(2020.04.03)
ハンガリー:新型コロナ緊急措置法案 政府に絶大な権限
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ハンガリー議会は3月30日、非常事態宣言のもと、政府の権限を拡大する法案を採択した。実効性ある監督や定期的評価を受けることなく緊急措置を発令でき、期限の制限もない。政権が強大な権限を持つようになった今、人権状況の一層の悪化が懸念される。(2020.04.02)
中国:米記者追放 中国情報隠蔽に拍車
中国政府は3月18日、今年末に記者証の有効期限が切れる米メディア3紙(ニューヨークタイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト)の米国人記者に対し、記者証を10日以内に返却するよう命じた。3紙は人権問題だけでなく、武漢で始まった新型コロナウイルス感染問題でも、綿密な取材に基づく記事を掲載してきた。(2020.04.01)
カタール:新型コロナウイルス 移住労働者に迫る危機
移住労働者の宿泊施設が集中するドーハの工業団地で、数百人の建設労働者が新型コロナウイルスに感染し、団地の一部が封鎖された。カタールなどの湾岸諸国は、移住労働者がこれまで以上に社会から見捨てられることがないよう、そしてウイルスに感染して働けない人びとへの休業手当や医療機関での受診を保障すべき。(2020.03.28)
インド:インターネット制限を解除し住民の感染リスク軽減を
新型コロナウイルスの世界的大流行を受け、ジャンムー・カシミール州政府は、インターネットの利用制限を解除し、州民がウイルス感染に関わる情報をいつでも入手できるようにしなければならない。(2020.03.27)

もっと読む

自宅にいる時間を活用して、人権を学ぼう!

◼️ 期間限定!会員誌「アムネスティ・ニュースレター」の特集記事を読む

◼️ ヒューマンライツ アカデミー

アムネスティが行なっているeラーニングです。全部で16のコースがあり、英語の他にアラビア語での講座も。人権の基礎から新型コロナウイルスと人権が学べるものまで、登録をすれば誰でも参加できます。

<主なコース>

  • AN INTRODUCTION TO HUMAN RIGHTS
  • COVID-19 & HUMAN RIGHTS
  • FREEDOM OF EXPRESSION - A FUNDAMENTAL RIGHT
  • HUMAN RIGHTS DEFENDERS - A SHORT GUIDE
  • DIGITAL SECURITY AND HUMAN RIGHTS

AMNESTY'S HUMAN RIGHTS ACADEMY