English

  1. ホーム
  2. メディアの方へ

メディアの方へ

5/17(木) 法務省への要請行動・記者会見のご案内
LGBT差別禁止を求める世界の署名5万筆を日本政府へ提出します。

報道各位

平素よりお世話になっております。アムネスティ・インターナショナルは、昨年5月にキャンペーン「Love Beyond Genders」を開始し、日本で暮らすLGBTの人権状況の改善を目指して取り組んでおります。キャンペーンの一貫として、アムネスティでは、性的指向、性自認を理由とした差別を禁止するよう、日本政府に法整備を求める署名活動を世界中で展開して参りました。

この度、国内外から集まった署名約5万筆を内閣府へ提出することになりました。提出に合わせて、主管庁である法務省へ要請書を手渡し、意見交換を実施する予定です。一連の要請行動には、キャンペーンに賛同する国内の活動家や国会議員の方も参加をいたします。

LGBTに関する国の法整備の最新の動向を知る貴重な機会にもなります。是非、記者会見に足をお運びくださいますよう、お願い申し上げます。

2018年5月17日(木)当日スケジュール ※予定

※入場には「記者証」が必要となります。お持ちでない方は事前にお知らせください。

  • 16:00 法務省へ要請・意見交換(場所:法務省内副大臣室)※意見交換は取材ができません
  • 17:00 記者会見(場所:参議院会館地下B103号室)

【要請内容】

  1. 性的指向や性自認などを理由とした差別に対し、すべての人に平等な法的保護を保障すること
  2. 国際人権基準に沿った差別の定義を国内法でも導入し、あらゆる形の直接的および間接的な差別を禁止すること
  3. 同性カップルの婚姻を認め、同性カップルに異性間の婚姻で得られる権利を平等に保障すること
  4. 公務員に対して多様性と差別の禁止を含めた人権教育や研修を行い、公務員による偏見、差別的言動の問題に取り組み、その行為を是正すること

【要請行動/会見参加予定者】

  • 中川英明(アムネスティ・インターナショナル日本 事務局長)
  • 庄司洋加(アムネスティ・インターナショナル東アジア調査員)
  • 遠藤まめた(やっぱ愛ダホ!Idaho-net. 代表)
  • 五十嵐ゆり(NPO法人Rainbow Soup福岡代表、LGBTアライアンス福岡代表)
  • 池田宏(パートナー法ネット共同代表、LGBT法連合会共同代表)
  • 原ミナ汰(共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク代表理事、LGBT法連合会共同代表)
  • 石川大我(豊島区議会議員、LGBT自治体議員連盟世話人)
  • 前田邦博(文京区議会議員、LGBT自治体議員連盟世話人)

個別取材のお申し込み・詳細

アムネスティ・インターナショナル日本 担当・山下瑛梨奈
Tel: 03-3518-6777 E-mail: yamashita@amnesty.or.jp

日本支部発行の書簡一覧

公開日 種類 タイトル
2018年5月24日 公開書簡 日本:死刑制度および死刑確定者の保護措置に関する要請書
2018年5月17日 公開書簡 日本:性的指向、性自認に基づく差別禁止に向けた法整備を求める要請書
2018年3月19日 公開書簡 日本:性的指向、性自認に基づく差別禁止に向けた法整備を求める要請書
2018年3月 8日 公開書簡 日本:日本政府は「慰安婦」女性への誠実な対応を
2018年2月27日 公開書簡 日本:富山県民男女共同参画計画<第4次>案に関する要望書
2018年2月 8日 公開書簡 日本:袴田巖さんの再審の早期実現を求める要請書
2017年7月19日 公開書簡 トルコ:人権活動家らの拘束に関する公開書簡
2017年7月13日 日本支部声明 日本:死刑執行に対する抗議声明
2017年6月15日 日本支部声明 日本:組織犯罪処罰法改正案の強行採決を強く非難する
2017年5月17日 NGO共同声明 日本:市民社会の自由を奪う「共謀罪」に反対する国際NGO共同声明

 

 

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ