English

  1. ホーム
  2. ライブラリ
  3. アムネスティ報告書

ライブラリ アムネスティ報告書

アムネスティの情報は、すべてロンドンにある国際事務局による独自の調査に基づいています。そうした調査による、人権侵害の実態をまとめたものが、報告書です。

2017

  • 日本におけるLGBTの人びとへの差別~人権保障の観点から~
    この報告書では、LGBT の人びとが学校や職場など身近なところで日常的に人権侵害を受け、不利な立場に置かれている事例を取り上げる。事例を提示する狙いは、本質的あるいは日常的な差別につながる要因や考えの防止、軽減、撲滅に向け、日本の当局や関係...
    ファイルサイズ: 670.7 KB | 掲載日: 2017年5月 2日
  • 2016年の死刑判決と死刑執行
    アムネスティ・インターナショナルは2016 年も、各国の死刑状況について世界規模の調査を行った。その結果、死刑を利用する件数は、世界的に見ると減少していることが分かった。死刑執行の総数は、過去最多だった前年に比べ減少した。国単位で見ても、死...
    ファイルサイズ: 1.4 MB | 掲載日: 2017年4月11日
  • パーム油に潜むスキャンダル-世界的ブランドの裏に労働搾取
    この報告書は、パーム油とラウリン油(パーム核油)の生産、販売最大手で、世界の取引の43%を占めるウィルマー社にパーム油を供給している、インドネシアのアブラヤシ農園での労働搾取について調査したものである。また、本報告書では、インドネシアで生産...
    ファイルサイズ: 487.0 KB | 掲載日: 2017年2月24日

2016年

  • 命を削って掘る鉱石~コンゴ民主共和国における人権侵害とコバルトの国際取引
    アムネスティ・インターナショナルとAfrican Resources Watch(以下、アフリウォッチ)は、世界に供給されるコバルトを採掘する鉱山労働者の状況を調査し、彼らが掘ったコバルトの取引を追跡して、報告書にまとめた。これは、同国の鉱...
    ファイルサイズ: 835.9 KB | 掲載日: 2016年6月 3日
  • 2015年の死刑判決と死刑執行
    死刑廃止の世界的動向についてまとめた、アムネスティの最新報告「2015年の死刑判決と死刑執行」が発表された。2015年の死刑に関する世界の数値は、2つのまったく異なる展開を示した。一方では、4カ国が死刑を全面的に廃止し、世界的な死刑廃止に向...
    ファイルサイズ: 1.1 MB | 掲載日: 2016年4月 6日
  • 禁じられた通信 北朝鮮における徹底的な情報統制
    近年、携帯電話などの情報通信技術が国内で普及するようになり、北朝鮮政府はその対策に乗り出した。アムネスティは、こうした対策を調査し、本報告書にまとめた。調査では、国は、住民の情報通信技術の利用を可 能にするのではなく、社会の統制、抑圧、干渉...
    ファイルサイズ: 1.1 MB | 掲載日: 2016年3月10日
  • 国連女性差別撤廃委員会 第63会期 日本審査に向けたアムネスティの提言書
    国連女性差別撤廃委員会が第7 回および8 回の日本政府報告書を審査するにあたり、アムネスティ・インターナショナルは同委員会に対し、以下の情報を提供する。この提言書は、日本社会における女性の権利の尊重、保護および実現状況など権利全般には言及し...
    ファイルサイズ: 256.1 KB | 掲載日: 2016年2月 5日
  • 中国:国連拷問禁止委員会 第56会期 中国政府の報告書審査に向けた アムネスティの提言書(翻訳)
    アムネスティ・インターナショナルは、国連拷問禁止委員会が拷問等禁止条約の履行に関する第5回中国政府報告書を審査するにあたり、この提言書を提出する。この提言書には、アムネスティが関心を抱く重大な事柄、とりわけ拷問等禁止条約1〜4条、11〜16...
    ファイルサイズ: 572.1 KB | 掲載日: 2016年1月18日

2015年

  • ビジネス優先? ビルマの銅山における 企業の犯罪と人権侵害
    ビルマに対する経済制裁が解除され、海外の投資家は同国への進出を検討し、国の方も企業に門戸が開かれているとアピールに躍起だ。確かに同国の豊富な天然資源は、石油やガス、鉱山の多国籍企業にとっては魅力的だ。しかし、採取活動の影響を受ける地域に対す...
    ファイルサイズ: 991.6 KB | 掲載日: 2015年7月 3日
  • 2014年の死刑判決と死刑執行
    死刑廃止の世界的動向についてまとめた、アムネスティの最新報告「2014年の死刑判決と死刑執行」が発表された。2014 年の死刑執行国は22 カ国で、2013 年と同数だった。全世界で少なくとも607 人が死刑を執行されたが、前年比では約22...
    ファイルサイズ: 1.7 MB | 掲載日: 2015年4月 1日
  • 地獄を逃れて~イラクにおける 「イスラム国」の拷問・性暴力~
    「イスラム国」と自称する武装グループの戦闘員は、イラク北部の大部分が「イスラム国」の支配下に収まりつつあるなか、非アラブ系あるいはスンニ派以外のイスラム教徒、また「イスラム国」に反対するスンニ派イスラム教徒を組織的に標的としている。しかし、...
    ファイルサイズ: 458.4 KB | 掲載日: 2015年2月26日
  • 見捨てられた シリア難民
    3 年におよぶシリア紛争は近年で最大規模の人道危機をもたらしている。これまでにシリアの人口のほぼ半数の人びとが家を追われ、うち380 万人が隣諸国へ避難した。これら近隣諸国の難民収容能力は限界に達している。膨大な数の難民の発生に対して、国際...
    ファイルサイズ: 1.7 MB | 掲載日: 2015年2月10日
  • 法を免れて~フィリピン警察の拷問~
    フィリピンでは、窃盗などの容疑で逮捕されると、留置場では拷問や虐待を覚悟しなければならない。拷問行為はあまり報告されないか、ほとんど記録されない。アムネスティは、本報告書の中で、フィリピンの拷問の実態を詳細に検証し、同国政府に対し勧告を行っ...
    ファイルサイズ: 1.0 MB | 掲載日: 2015年1月 8日

2014年

  • 裁かれない拉致・殺人 無法状態の民兵 容認するイラク政府
    ここ数カ月、シーア派民兵は、バグダッドやその周辺でスンニ派の民間人男性を誘拐し、殺害していた。これらの民兵は、しばしばイラク政府からの資金や武器の支援を受けながら、国軍との間で、暗黙の申し合わせから事前調整の上での演習、さらに合同演習まで、...
    ファイルサイズ: 592.7 KB | 掲載日: 2014年12月11日
  • 中国における拷問器具取引と弾圧
    「中国における拷問器具取引と弾圧」 アムネスティ・インターナショナルとオメガ(英国の調査会社)の共同調査をまとめた報告書
    ファイルサイズ: 338.2 KB | 掲載日: 2014年9月25日
  • 自由権規約日本審査の総括所見2014(日本語版)
    2014年7月15、16日、ジュネーブにおいて国連自由権規約委員会による日本の人権状況の審査が行われました。この文書は、委員会が7月24日に公表した総括所見のAdvanced Unedited Version を、NGOが共同で翻訳したもの...
    ファイルサイズ: 329.1 KB | 掲載日: 2014年8月 1日
  • 国連自由権規約委員会 第111会期 日本審査に向けた アムネスティの提言書
    国連自由権規約委員会は、市民的及び政治的権利に関する国際規約(以下、自由権規約)上の義務を履行するための施策に関する第6 回日本政府報告書を、2014 年7 月に審査する。審査に先立ち、アムネスティ・インターナショナルは、委員会による検討の...
    ファイルサイズ: 415.9 KB | 掲載日: 2014年7月 7日
  • 拷問に関する意識調査2014
    アムネスティは、2014年5月、STOP TORTURE 「拷問なんて、いらない!」キャンペーンをスタートした。これに先立ち、2013年12月から2014年4月にかけ、5大陸21カ国で2万1千人以上を対象に、対面または電話で聞き取り調査を行...
    ファイルサイズ: 291.3 KB | 掲載日: 2014年7月 2日

2013年

2012年

2011年

  • 国内人権機関公開書簡
    国際基準に合致した国内人権機関の設置に向けて アムネスティ・インターナショナルは、日本において国内人権機関の設置に向けた取り組みが、長年にわたる議論を経て前進しつつあることを歓迎いたします。私たちは、2011 年8 月11 日、法務省政務三...
    ファイルサイズ: 190.7 KB | 掲載日: 2011年12月27日
  • ADPAN報告書2011(英語):WHEN JUSTICE FAILS
    More people are executed in the Asia-Pacific region than in the rest of the world combined. Add to this the probability ...
    ファイルサイズ: 836.6 KB | 掲載日: 2011年12月20日
  • ADPAN報告書2011:死刑廃止 アピール・ケース
    アジア太平洋地域における不公正な裁判の実態に関する報告書 邱和順が拘禁されてから23年以上たつ。彼は、台湾で最も長く裁判が続いている刑事事件の、最も長く拘禁されている刑事被告人である。邱和順の弁護団は先日、この事件を「我が国の司法の歴史の...
    ファイルサイズ: 1.7 MB | 掲載日: 2011年12月20日
  • ADPAN報告書2011:不当に奪われる生命
    アジア太平洋地域における死刑の執行数は、世界の他の地域の合計数よりも多い。その上、不公正な裁判で処刑された可能性や、死刑の著しい不正義が明らかになっている。誤判で死刑判決が言い渡されると、取り返しがつかない。アジア太平洋地域の人口の95パー...
    ファイルサイズ: 6.7 MB | 掲載日: 2011年12月20日
  • 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮):政治囚収容所の実態
    朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)において、キム・ジョンイル(金正日)総書記の後継指導者体制を準備する過程で新たな弾圧の可能性の恐れがある今、アムネスティ・インターナショナルは、同国の政治囚収容所の恐るべき実態に光を当てるため、新たな映像と証...
    ファイルサイズ: 441.3 KB | 掲載日: 2011年7月26日

2010年

  • 2009年の死刑に関する統計データ
    2009 年は、国家が行う司法による殺人の廃止に向け、世界がさらに前進した年だった。アムネスティ・インターナショナルが記録を取り始めてから初めて、ヨーロッパ全土にわたり処刑が1回も行われなかった。さらに、全世界に死刑執行停止を求める国連総会...
    ファイルサイズ: 307.4 KB | 掲載日: 2011年4月 4日
  • イスラエルによるパレスチナ人家屋の破壊~家ほど安全な場所はないというけれど
    ニムル一家がアムネスティ・インターナショナルに語ったところによると、2000年に家を建てた直後にエルサレム市当局から取り壊し命令を受け取ったという。それから数年間、一家はその命令に抵抗し続けた。一家は3つの建築計画を提出し、イスラエルの裁判...
    ファイルサイズ: 562.1 KB | 掲載日: 2010年12月 2日
  • 中国:新疆ウイグル自治区での抗議行動~「正義、正義を」
    1 年前の2009 年7 月5 日午後、中国西北部に位置する新疆ウイグル自治区の区都ウルムチの人民広場に、数百人の中国の公民であるウイグル人(3)が集りデモをした。6 月25 日、中国南部の広東省韶関市の工場で起きた騒動で、少なくとも2 人...
    ファイルサイズ: 1.2 MB | 掲載日: 2010年10月25日
  • イスラエル及び被占領パレスチナ地域:窒息させられている イスラエルによる封鎖下のガザ地区
    140 万人を超えるパレスチナの男性、女性、子どもたちがガザ地区の中に閉じ込められている。ちょうど長さ40km、幅9.5km の地域にいる彼らの生活は電力不足、わずかか全然ない質の悪い水道水、ひどくなる健康管理状況などに特徴づけられる。大量...
    ファイルサイズ: 411.1 KB | 掲載日: 2010年1月20日

2009年

2008年

2007年

  • トルコ:根強い免責の風潮に終止符を
    トルコの警察や憲兵から人権侵害を受けた被害者たちは、依然として根強い免責の文化に直面している。
    ファイルサイズ: 394.4 KB | 掲載日: 2008年10月27日
  • OFF THE RECORD(記録に残すな)
    人権NGO6団体の調査に基づき、ある時点で米国当局によって秘密の場所で拘禁されたと考えられる個人を特定。
    ファイルサイズ: 430.9 KB | 掲載日: 2008年4月14日
  • アフガニスタン:友人以外は敵:市民を虐待するタリバン
    タリバンと米国主導の連合軍との戦闘が2001 年10 月に始まって以降、アフガニスタン市民は大きな犠牲を払ってきており、現在もその状況は続いている。
    ファイルサイズ: 547.9 KB | 掲載日: 2008年4月12日
  • ロシア::チェチェンにおける強制失踪と正義の実現
    人権侵害に対する免責は蔓延している。当局は、紛争中に発生した戦争犯罪などの重大な人権侵害について、ほぼすべてで調査も起訴もしていない。また、犠牲者に補償を提供してもいない。
    ファイルサイズ: 568.4 KB | 掲載日: 2008年4月12日
  • イラク:パレスチナ難民への人権侵害 (2007)
    2003 年の米国主導の侵攻以来イラクで起きたあらゆる暴力の中で、パレスチナ人がターゲットになっていること、そして、彼らの被害が増大していることはほとんど報告されてこなかった。
    ファイルサイズ: 93.3 KB | 掲載日: 2008年4月12日

2006年

2005年

2004年まで

  • 日本:日本にようこそ(2002)
    日本に入国する外国人は、特別審査室で審査を受ける間は入国管理局から、また、成田空港をはじめとする日本の入国手続地にある収容施設内では民間警備員から、虐待を受ける恐れがある。
    ファイルサイズ: 226.9 KB | 掲載日: 2008年4月12日
  • ケニア:強かん―見えざる犯罪(2002)
    ケニアでは、女性に対する暴力が蔓延している。毎日女性は身体的、性的な虐待を受けている。
    ファイルサイズ: 315.7 KB | 掲載日: 2008年4月12日
  • ビルマ(ミャンマー):試される司法(2003)
    2003 年5 月22 日、アムネスティ・インターナショナルは、29 ページの覚書をビルマ(ミャンマー)の軍事政権SPDC(State Peace and Development Council:国家平和発展評議会)に提出した。
    ファイルサイズ: 166.2 KB | 掲載日: 2008年4月12日
  • フィリピン:拘禁中の女性に対する強かんと性虐待
    この報告書は、1995 年以降に収集した情報と2000 年7月のアムネスティ調査団のフィリピン訪問で収集した情報をもとに構成している。
    ファイルサイズ: 261.0 KB | 掲載日: 2008年4月12日
  • イラク:人権侵害に対する公正な裁きを保証せよ(2003)
    イラクにおいて国際法に違反する犯罪やその他の重大な人権侵害の責任を負うものは、裁かれなければならない。この目標が達成されることを保証するために、包括的な反免責プログラムを構築する必要がある。その柱はイラクの刑事司法制度の改革である。
    ファイルサイズ: 228.7 KB | 掲載日: 2008年4月12日

このページの先頭へ戻る

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ