English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 日本:奥西死刑確定者の再審棄却は、司法の茶番

日本:奥西死刑確定者の再審棄却は、司法の茶番

2013年10月18日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:日本
トピック:死刑廃止

日本の最高裁は10月16日、奥西勝確定死刑者(87歳)の再審請求を棄却した。これは再審請求が訴える事実から目をそむけ、果たすべき正義を怠った茶番である。

強要された自白で死刑判決を受け投獄されて40年有余年、奥西さんは、世界でも最年長の死刑確定者だ。その再審請求が棄却された。

一貫して無罪を訴えてきた奥西さんは、現在医療刑務所内の病床にある。今回の棄却により、罪が晴れないまま亡くなる可能性が高くなってきた。

奥西さんは1961年、毒物を混入したぶどう酒を飲ませ5人の女性を殺害したとして、逮捕された。弁護士に相談もできず、5日間にわたる長時間の警察の取調べの中、犯行を「自白」をした。

奥西さんが「自白」を取り消した一審で、裁判所は証拠が不十分だとして、無罪判決を下した。しかし、高等裁判所でこの判決は覆り、死刑が言い渡された。

今回の再審請求棄却は、最高裁判所が、「自白」を取り消したとしても最初の自白の信憑性は損なわれない、と判断したということになるだろう。

弁護団は第8次再審請求の準備を予定しているが、この手続きには数年かかる可能性がある。

長時間過酷な尋問をしたり、弁護人の立ち会いを認めないなど欠点の多い取調べの中で虚偽の自白を強要された。このことからも、再審が必要であることは明らかである。従ってなんとしても、再審を勝ち取る必要がある。しかし、現在の奥西さんの体調を考えると、一刻の猶予も許されない。

40年以上の間、奥西勝さんは日々死の恐怖を味わってきた。日本の死刑執行は秘密裏に行われ、死刑確定者には執行のわずか数時間前にしか知らされない。

ほかの多くの死刑確定者同様、彼もほとんどの時間を独房で過ごしてきた。

強いられた自白に基づき死刑を言い渡された死刑確定者は、奥西さんだけではない。当局は時間切れになる前に、事実と向き合い、再審という正義を果すべきである。

現在、日本の死刑確定者は130人を超える。これは過去半世紀で最も多い水準である。

また現在の自民党政権下で、死刑執行が加速していることも憂慮すべき事態だ。2012年に安倍首相が誕生してから、すでに6人の死刑が執行された。
 

最も長く拘束されている死刑確定者がいる

最も差し迫っているのは、1968年に死刑を宣告された袴田巌さんのケースである。

袴田さんは、世界で最長となる47年もの間、死刑確定者として拘束されてきた。そして、長年の独居拘禁生活で、精神を病んでいると言われている。

不公正な裁判に基づき、勤務先の上司とその妻らを殺害したとして有罪となった。袴田さんは、警察署で20日間にもおよぶ取調べを受けた後に「自白」した。裁判の中で自白を撤回し、取調べ中に暴行を受け脅迫されたことも明らかにした。

死刑判決を言い渡した3人の判事のうちの1人は、袴田さんは無罪であるとした。

弁護団によると、犯行時の着衣とされた衣類に付着した血痕は、袴田さんのDNAとは一致しなかった。

袴田さんも再審を認められるべき、もう一人の死刑確定者である。

アムネスティ・インターナショナルは、日本政府に対して独居拘禁を停止することを含めた処遇改善を求めている。

背景情報

またアムネスティは、日本政府に対して、死刑廃止に向けた第一歩として死刑執行の停止を求めてきた。

今も日本の司法制度は自白偏重で、取調べの過程でしばしば拷問やその他の虐待が行われている。取調べでの弁護士の立会いは認められず、取調べ時間にも明確な上限がない。

取調べ中に、暴行、脅迫、睡眠を奪うこと、長時間同じ姿勢で立たせることなどが行われていると報告されている。

以上の点も含め、日本の司法制度が、国際基準に適ったものとなるよう、繰り返し求めている。

アムネスティは、犯罪の種類や状況、犯罪の有無、犯罪者の特徴、あるいは国家による執行方法を問わず、例外なくあらゆる死刑に反対する。死刑は、生きる権利の侵害であり、最も残虐で非人道的かつ人間の尊厳を傷つける刑罰である。

アムネスティ国際ニュース
2013年10月17日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ