1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. 活動
  4. 【活動報告】「死刑統計2012」記者説明会~死刑を巡る世界の潮流は今~

人権の「今」がわかるニュース

活動【活動報告】「死刑統計2012」記者説明会~死刑を巡る世界の潮流は今~

会見で報告をする若林事務局長会見で報告をする若林事務局長

4月11日、アムネスティ・インターナショナルの統計報告書「2012年の死刑判決と死刑執行」の記者説明会を、参議院会館で開催しました。

これまでにない数の記者および議員の方にご参加いただき、以前に増しての関心の高さがうかがわれました。

冒頭、アムネスティ日本の若林秀樹事務局長が、2012年の死刑をめぐる状況の概要について、

  • 世界全体の7割を占める国々が法律上または事実上、死刑廃止国となっており、世界中で死刑廃止への動きが強まっていること
  • 日本が18カ月ぶりに死刑執行した一方で、2012年に死刑を執行した国の数は世界でわずか21カ国だったこと

などを解説。

hrc_shikei_20130411_02.jpgロザーン・ライフ部長

その後、以前、アムネスティの死刑に関する国際的な調査を統率していた、アムネスティ 東アジア部のロザーン・ライフ部長の報告が続きました。

死刑廃止に進む世界の流れは年々強くなり、死刑執行を続けるのは、G8の中では今や日本と米国だけです。

しかし、今やその米国さえも死刑廃止に向かって大きく動き出している最新の状況や議論を、地図やグラフを交え、紹介しました。


※下記のページで、最新の死刑の動向を、地図やグラフ、動画で紹介しています。報告書のPDFダウンロードもできます。

「最新の死刑統計(2012年)」を詳しく読む
 

記者説明会実施日 2013年4月11日
場所 参議院議員会館
主催 アムネスティ・インターナショナル日本

 

アムネスティでは、東京や大阪で死刑について考えるセミナーを実施しています。最新の報告書やこちらのセミナーを通じて、ぜひ死刑を巡る議論や潮流を考えみませんか?

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)